もうコレで終わり。。。






















年末、仕事も家庭もプライベートも
バタバタとしており、中々ブログまで
手が回りません。

子供の夜泣きが最近ひどくて、寝たような
寝てないような?という朝を毎日迎えて
ます。

嫁さんはもっと大変なのでそんなこと
は言えませんが。


さてさて、そんな中でも久留米の甘い誘惑
があり、ついつい補強。


マツノインセクト 16-8です。




















































(※種親♀は14-1です。次回修正します)


我ながら良い買い物しました。


さて、問題はやはり来期のラインですね。

もう最初の頃のプランから個体も増えてて
大分状況が変わっています。笑


久留米♂ ↓















♂は全部で4頭です。
ちょっと♀が♀なので、マツノインセクト
直購入での最小ギネス更新というネタは
おあずけかもしれません。

16-26は来年のマツノインセクトで最小の
♀を探して19年に使おうかな、と考えてます。

そうなると♂は3頭。

クマモン様♂は虫蔵様15-16が入った
血統。

3464様♂は純マツノ。
(まぁ全て純マツノなんですけどw)
このラインはアベレージもGood。

虫蔵様♂は言わずもがな。15-16の血です。


久留米♀ ↓






















8頭います。
しかし、予算も考えると6頭に絞りたい。

また、マツノインセクト直購入の個体も
増えたのでオアシスの本数を増やすかも
検討します。

どれくらいコストインパクトあるのか
試算してみて決めます。


今のところですが、

♂ 虫蔵様
ライン 1  x マツノ♀16-56
ライン 2  x マツノ♀16-8
ライン 3  x 虫蔵様♀16-28

♂クマモン様
ライン 4  x チョネ様♀16-ku-806

♂3464様
ライン 5  x 3464様♀16-3
ライン 6  x 3464様♀16-21



一部ブリーダーの方々とは来期の里子、
トレードなどの話もしているのですが、
こんな感じでどうですかね?




虫蔵様15-16の血が逆に多くなりすぎるので
あえて3464様は3464様同士で残します。


まぁ来年はまたコロコロと変わっている
ことでしょう。笑



最後に浜松産のネタ。

まず、釣り仲間達が子供用にクワガタが
欲しいということで我が家のYGと浜松を
ドンっとプレゼント。

よくよく考えると、♂が本当にいなくなって
しまって大変な状況です。汗

まぁ久留米に絞れということかも
しれませんね。


で、浜松産なのですが…

























90%くらいの個体が早期状態。
幼虫でいた数頭は友人にあげたので、
我が家にいるのはほぼ蛹です。泣



でも、こうやってWDに近い血も育てて
いくと色々比較できて面白いですね。


温度・菌糸、同じ環境においても血統、
産地で状況が変わってきます。



温度は25-26度を長く使っているから、
耐えれなかったのか…


LevinGSPを一本目、二本目と使ったのが
添加が高すぎてよくなかったのか…


後伸び久留米なら、一本目にGSPではなく
普通のLevinGでいこうかな。


気づけば、エムジェイの「久留米元年」も
すぐそこです。