MJ Dorcus

オオクワガタ、久留米・能勢YGの大型作出を目指す初心者ブログ。 大型だけでなくいかに飼育を楽しむかを目標に日々楽しいことを企画中。

静岡出身・京都在住のサラリーマンです。
初心者ながら地元の静岡県産オオクワガタをきっかけに久留米・能勢YGの飼育も始めました。
このブログを通じて多くの方と出会いアドバイス頂けたら幸いです。

カテゴリ: 飼育用品

神長さんの菌糸、行けそうです。



















ソフトバンクが優勝しましたね…
そりゃそうだと思いますが、夢を見せて
くれた横浜にも感謝。


さて、まずは10月の室内レビューです。























10月は暖房付けっぱなしで、途中からは
エアコン24℃設定に。

それで室内25℃前後で推移してくれて
中々良い結果だったのではないでしょうか?

途中から来た久留米優先なので、この温度
で1月くらいまでは行きたい所です。


しかしまぁ…湿度が高い。

11月で90%とかあります。

もう冬なのにブリードルームに行くと
汗がしたたるのは湿気のせいか、それとも
太ってきたエムジェイの代謝のせいか…




次は菌糸の話。

先週はカレントワ様に助けて頂き
何とか菌糸詰めすることができたわけです
が、その進捗です。


神長さんのS4 x 1ブロック

800のPPボトルに約600gで3本。

余った菌糸で800のクリアボトルにも。
(500g弱)

トータルで、1ブロック 3.7-8本 といった
所でしょうか。


↓これは詰めた時の写真。





















↓こちらは4日後です。
(左)PP    (右)クリア

















横からみるとどちらも回ってきてます。



ただ、上から見るとこんな感じです。↓
















写真ではわからないかも知れませんが、
明らかに菌糸の回りというか、色?が
違うんですよ。

PPの方が白くなってて菌糸が回ってます。




ちなみに今回は神長さんのふっくら感を
再現ということで手詰めですが、
それっぽくしてみました。
























どうでしょう?
意味ないかもしれませんが、
ふっくらしてるー!と一人でテンションが
上がったのは間違いありません。



今回のテストで、我が家でも神長菌糸は
問題なく使えることがわかり来年へ希望が
持てました。


また、ボトルに関してもPPの方が良さそう
なので、我が家のオオクワガタはPP中心
で進めたいと思います。

これって我が家の環境だからかもしれない
ので、試した方が良いかもしれませんね。

ちなみに1週間経った時点ではクリアの方の
上面もしっかり菌が張ってきました。





さて、最後に餌皿プロジェクト。

今週末はTwitterで知り合った、えいこー様
が、我が家の近くに来るということで、
少しだけですがお会いしました。

えいこー様、わざわざ近くまで寄って頂き
ありがとうございました^_^



短時間でしたがカフェにプロゼリーを
持参し、色々と深い会話が出来たと思っていますw


18gゼリーのプロトを頂いたのですが、
クオリティが高すぎてビビります。汗




























♀用にイメージをお伝えしていて作って
頂いた ↓ の写真。
切れ込みまで綺麗に入っていて、完璧な
仕上がりです。




















↓これが必殺の落ちない設計。

















いや、本当に落ちない。笑





とりあえず試しに↓
















まだプロトタイプなので様子見ですが、
今日のご挨拶の中でお伝えしたスペックを
ベースに再度作って頂けるようなので、
非常に楽しみです。



樹脂製の良いところは、水洗いで常に清潔
というメリットがあったものの市販の
樹脂製餌皿では、爪?のような所で餌を
固定することで交換しずらかったり、
また、中が空洞になっていることで軽すぎ
てひっくり返されたりと難点もありました。

そこを上手く改善し清潔に保ち、マットも
汚れない。結果として臭いも気にならない
そんな餌皿を目指したいですね。



世の中には、素晴らしい技術を持った方
いらっしゃるものですね、ほんとに。

その能力をクワガタに使うのもおかしな
話ですがw



こうして色々な方々と出会って、皆さんと
快適なブリード環境についてもっと議論を
していきたいなと改めて思いました。










嫁が出て行ってしまいました。


















部屋に入ったら、妻のグッズが何もなく
ものけの空状態になっていました。

もちろん、我が家からではありません。
僕のブリードルームからです。

元々妻の本や小物を置く棚もあったの
ですが、

「あなたの部屋にはもう入らない。」

とのことで、全て別の部屋に移し替えた
ようです。


なんでぇ!?泣

と、妻には言いつつ、、、、



悲しく……なーい!!笑


なんだ、この開放感は。


いてもたってもいられず、飼育部屋の
レイアウトを即変更しました。笑


あ、家庭環境は円満です!!…きっと。


と、言うわけで突然ですが我が家の
ブリードルームを軽くご紹介しつつ、
次にどんな設備が必要かもメモして
おきたいと思います。

コレはあった方がよい等のアドバイスも
頂けたら幸いです。




まずは扉からの一枚。
















最近は仕事で遅くなったり、酒を飲んで
帰ってくる時以外は毎日掃除機をかけて
いるエムジェイです。


歳を重ねるごとに綺麗好きに。笑


部屋もケースの中も綺麗を保つことが
モチベーション維持の基本です。


話を戻して、、
まぁこの写真だけだと前からの変化は
わからないですよね。

左の2つの棚が今まで使っていた棚です。




↓一番左が今回増設した棚になります。















元々は妻が使っていたのですが。笑

コレで130本がマックスだった棚が、
なんと…240本(800ボトル換算)まで
置けるようになりました。笑


流石に飼育数を増やすことは考えていま
せんが、空ボトルやペアリングスペース等
うまく使っていきたいです。



↓ 飼育道具 棚























ポリプ水槽の下にあるのが我が家の温室。

右の飼育道具の棚は上から

・菌糸詰め用品
・予備スペース(撮影器具)
・餌+小道具類
・幼虫用マット関連
・成虫用マット + その他備品


ただこの棚だけ他の棚とちがって、
スチールラックなんですよね。

他のはIKEAの1900円の棚なんですが、
どうせなら全部これで統一しとけば
よかったなぁと後悔してます。




↓ 撮影スペース

















夜な夜なクワガタをここで写真を撮る
場所です。





↓ 加湿器・ライト
























加湿器は常に相対湿度で70%設定。
暖房つけたら毎日水補給しないとすぐに
無くなります。…



↓ライトアップ!


















どうでしょう。
この薄暗い感じでビールも中々良いです。

ただ、このライトはLEDではなかったハズ。
普通のライトだと虫達に見えてしまうので
このライトをどうにかして赤色LEDライト
に変えたいと思っています。




後はこれに何を今後追加していくか…
買う買わないは別として、欲しいなと
思っているのは、


・冷蔵庫     (菌糸保管)
・温湿度計 (スペース拡大のため)
・湿度計    (絶対湿度計測)
・空気中の雑菌除去剤    (カビ対策)
・ヒーター   (エアコンは冷房のみに)
・サーキュレーター 
・除湿機
・リモートレリーズ    (撮影用)
・気体流量・濃度計 (菌糸用)
・水分計  (菌糸用)
・新しい家。笑 (菌糸・キノコ栽培用)

他、皆さんの中でこれは入れた方がよい
というものがあれば教えて下さい!


さぁ今週は菌糸交換。

まず、菌糸くるのか。笑



こちらも進めています。





















その前に課題と疑問です。



























ボトル交換時、僕は幼虫が潜り切るまで
待って、姿が完全に見えなくなったら
↑の写真のように余った菌糸を捨ててボトル
表面が平らになるようにしています。
理由は特にありませんが見栄えが悪いので
そうしています。笑

しかし、数日後に見てみると…↓

















せっかく平らにしていたのに、
また盛り上がってしまいます。。



























タイベスト紙にも張り付くレベルの物も
あり、こうなると通気がうまくできなく
なるのでは?と心配です。

数日待ってからもう一回平らにしようと
しても、もう菌糸も再生し始めてきて
しまっているしおそらく交換時にこの
盛り上り分も考慮して幼虫スペースを
作ってあげないといけないのでは。。

皆さんどれくらい掘っておられるので
しょうか?


次の交換時はもう少し奥まで掘ってみます。



さて、自作シリーズです。
以前からお伝えしていた前掛けシリーズ。















どうでしょうか?
一緒にフレーズを考えて下さった皆様、
ありがとうございました。
今回はコレで行きたいと思います。

右側は「鍬道」とシンプルにしました。
この方が幅広く使えますからね!

個人的にはここから
久留米 道」バージョンも、もう一着
作ろうかと思ってますw







































腰紐の部分、そして生地の作りですが、
最高です。
コレはちゃっちくない、しっかりした厚み
強度もありそうです。ずっと使えそう。

























右手にポケット付き。
深めの設定で、ノギスを入れても落ちる
ことはなさそうです。


























普段は↑のように椅子に掛けて。

















マットや餌交換時は前掛け着用し、
その上で交換。
















普段なら溢れたマットなどが床に落ちて
その掃除も大変ですが、これなら↑みたいに
ゴミ箱に直行させることができる?

















後はこの2箇所にオリジナルのMJスタンプ
を押せば完全ですが、型から作るので
もう少し時間がかかりそうです。


とりあえず、中々よさそうな前掛けが
出来上がりつつあります。








餌皿の自作を少しずつ始めています。
※今回はブリードネタ一切ないです。汗



















以前もブログで書いたと思いますが、
キレイに管理する上で餌皿はキーポイント。
特に♀です。
マットの交換頻度、体感ですが♀の方が
2倍以上汚していると感じます。

餌を食べているのか…それとも撒き散ら
しているのか。
とにかくマットがびちゃびちゃ。

餌の食べ方さえ綺麗になればマットも
汚れず、結果マットの交換頻度が少なく
なりコストも下がるのでは?
と考えています。

♂と♀は通常、個別に飼育しておりますので
♀専用、そしてコバシャタイニーにも
フィットする餌皿作りを目指そうかと。


と言うわけで、プロトタイプの進捗と
課題についてメモしておきます。

















こんな感じで2つのボックスタイプで
試作してみました。

















撮影のために中のボックスを引き出して
いますが、使う際は中で重ねて使います。

























↑中のボックスは純粋に餌置きです。

で、外側ボックスは↓のような感じ。





















とにかく♀がゼリーの中にダイブして
外にかき出さない方法をイメージして
います。

赤色の部分、基本ここから餌を食べて
欲しい。中のボックスと外のボックス
の隙間は1.5cmくらい取っています。
ここから入ってもらってゼリーの中への
垂直ダイブを防ぎたい。


青色の部分は、もし上から入る場合の
スペース。
この場合は垂直にダイブする形となるので
かき出したゼリーが外に飛び散らない
ようにあえて隙間は小さくしています。
(弾力性のある素材使用)

ベースの素材は2種類です。
固い板だけでなく、生体と接触する部分
柔らかい素材を使いました。
(大事は子に傷はつけれませんので。)


















コバシャタイニーに投入。


今回は同じタイミングで2つのケースに
新しいマットを入れ、
1つはこのプロトタイプ。
もう1つは通常のゼリーのまま入れてます。

またゼリーの種類も、液の量が多いゼリー
で統一しました。

2日後の結果です。↓

















写真だとそこまで違いがわかるかな。。
なかなか、良い感じです。
プロトの方が餌が外に出てません。
また、マットもキレイなままです。

















方向性はあってるのでは?と思います。
課題としては、

ボックスの固定(磁石つけたい)
磁石をボックスの中に埋め込み飼育ケース
の外側からも磁石を貼って固定したら?
と考えています。

隙間の適切な大きさ。
やっぱり食べずらそう?なので沢山食べて
もらえる適正スペースを測りたいです。


接着剤の種類
今回一種類の接着剤だけで作りましたが
硬く固める部分と、柔らかく固めたい部分
それぞれの場所に合わせた作りが必要。

見栄え
まぁ、これはいつものことです。笑


冬前にある程度見えてきたのは大きいです。


ブリードには全く関係ありません。笑




前回アップした菌糸と湿度の問題について、
アドバイスを頂けたので忘れない内に
残しておきます。



















↓ 神長さんのボトルの件



























どうやら酸欠の疑いがあるようです。

水分(湿度)が多いと、タイベスト紙に
水滴が付く。

水滴がフィルター周辺に多いと通気が
うまくできなくなり菌糸が酸欠で痛む
ことがあるようです。

湿度管理だけでなく、空気の流れも意識
しないといけないんですね。

空気の流れの「空気」は、具体的には
酸素(O2)? 
もしそうだと、僕はキノコ=植物カテゴリ
なのでCO2が必要だと思ってました。汗

確かに光合成をするようには見えませんね。
いまさらですが。 


そこから派生して、ボトルの種類や
フィルター、結局どれが良いの?という
話にも少しなりました。
















左・市販のクリアボトル
中・exceed craftさんのPPボトル
右・神長さんのPPボトル
※これにまだ見ぬオアシスのビン


よくよく見るとexceedさんと神長さんの
PPボトルは、ボトル自体のサイズ・形状は同じな気がします。
フタとフィルターだけ違うみたいです。


この話も皆さん色々と試行錯誤されている
と思います。

まず透明か白かで、透明だと幼虫が外から
見られるので大きくならないということ
ですが未だにクエスチョン。

マツノインセクトのオアシス菌糸はビン
ですからね。汗

そうなるとクリア(PET材)とビンで何が
違うのか。
誰かご存知でしたら教えてください。


次に材質の違いによる特性。
(PET(透明)・PP(白)・ビン)

・酸素透過
・防湿 

ここら辺で違いがあるようです。
どちらも PP>PET>ビン らしい。

そう考えると、PP(白ボトル)が1番で
多くの方が使用しているワケがわかります。

しかし、やっぱりオアシスはビン。笑
1番酸素を通さないと思うのですが、
ここにオアシスの仕掛け、菌糸の特徴が
あるのかもしれません。


最後にフタ+フィルター。

















並びは先ほどと同じです。
(オアシスはどんな形なんだろう?)

蓋のタイプは

左・三つ穴 + シールフィルター
中・スポンジフィルター
右・一つ穴 + タイベスト紙


なぜ?という所まではわかりません。

しかし、神長さんの菌糸について言えば
この一つ穴+タイベスト紙が良いようです。

添加などの中身で違ってくるとのこと。

お話を聞いている限りフィルターとしては、
タイベスト紙が1番良いのかなぁと推測
しています。

何が本当かというのは、測定器を使って
定量的なデータを出していく必要があり
ますがそこまではやりません。
…やれません。笑

今回分かったことは、菌糸屋さんの既成品に使われているボトル・蓋には意味が
あり、何か理由があってそのスペックに
されているようです。

なので、自詰の場合もそれぞれに合った
ボトル・蓋で詰めて行こうと思います。


そんな関係ないだろう?と僕も心の中で
思っていますが、釣りが上手い人って
本当に細かな所まで考えてますよね。

それと一緒かな、と思います。


↑このページのトップヘ